位置 選手 L/R 打率 打数 得点 安打 打点 三振 四死 犠打 盗塁 失策   1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1 泉孝介 .600 5 1 3   1         中ゴ安   左ゴ安   空三振   二ゴロ   一ゴ安  
2 栄口勇人 .000 2     1 1   3     犠打   捕邪飛   犠打   空三振   犠打   太字 :安打
3 巣山尚治 .500 4 1 2   2   1 2   犠打   右前安   見三振     中飛安 見三振   赤字 :適時打
4 田島悠一郎 .400 5   2 2 3     1   空三振   見三振     左ゴ安   空三振 左飛     :明確な描写が無い
5 花井梓 .250 4 1 1   2 1   1     中飛安   空三振   二ゴロ   四球 見三振  
6 沖一利 .000 2       2 2         四球   空三振   空三振   四球    
7 水谷文貴 .250 4   1 1 2           二併打   空三振   空三振   右ゴ安    
8 三橋廉 .333 3 1 1   2 1   1     二ゴ安     死球   空三振 空三振    
9 阿部隆也 .750 4 1 3   1     1       空三振   三ゴ安   右飛   三ゴ安  
  西浦   .394 33 5 13 4 16 4 4 6 0 0 1 0 0 1 0 0 1 2 5
  桐青   .400 35 4 14 3 14 1 5 3 0 0 0 0 0 1 1 1 1 0 4
1 真柴迅 .600 5   3   1     2   見三振     三ゴ安 投飛   一ゴ安   三ゴ安
2 松永雅也 .000 3       2 1 1     三飛     犠打   見三振 四球   空三振
3 島崎慎吾 .600 5 1 3   1     1   右邪飛     遊ゴ安   中ゴ安 空三振   遊ゴ安
4 青木毅彦 .200 5   1   2           見三振   投ゴロ   右飛2   見三振 中直
5 河合和己 .333 3 1 1 1 1   1       見三振   三飛   犠打   右ゴ安  
6 本山裕史 .500 4 1 2   2           空三振     中ゴ安 見三振   右ゴ安  
7 高瀬準太 .333 3   1 1 2   1         見三振   犠打   空三振 左ゴ安  
8 山ノ井圭輔 .750 4 1 3   1             見三振   右ゴ安   右飛 投直安  
9 前川俊彦 .000 3     1 2   2         見三振   中犠飛   犠打 空三振  
補足     2表         7裏 8裏 9裏  
  三橋飛出し 三橋暴投時 青木中直時
  1−2挟殺時 山ノ井生還 本塁封殺  
  花井生還 山ノ井投直安  
  本塁封殺  
   
  (三振表記アリ) (三振表記アリ)  
    (「見ている」表記アリ)            
5巻 6巻 7巻 8巻
戦評 ・西浦                              
泉、阿部が3安打と大当たり。共に三振も1つずつと安定した結果を残している。  
栄口、沖は共に無安打だが、犠打に徹した栄口、2四球の沖ということで仕事はしている。  
花井はクリーンナップではやや物足りない結果。守備での見せ場が2回もあったので  
打撃のミスを守備でカバーか。  
巣山、田島共に2安打で打点、得点に絡む。中軸の仕事をした。  
水谷は成績だけ見るとパッとしないが、起死回生の同点打を放っている。  
三橋は1安打1四球1得点、投手としては十分な打撃成績だ。  
   
・桐青  
意外なことに8番山ノ井が4打数3安打。ただ、打点には絡んでいない。  
真柴、島崎が3安打。真柴は俊足で何れも内野安打。上位打線として結果を残せている。  
松永は1犠打1四球だが、同じ2番栄口に比べると、結果だけ見るとやや仕事が出来ていない。  
4番青木は2塁打1本に抑えられた。阿部曰くの「長打はあるが打率が悪い」のまんまだった。  
河合は三橋の球に翻弄され、結局1安打。とはいえ、打点にも得点にも絡んでいる。  
本山は目立ってないが実は2安打している。また、前川は三橋の球に対するキーマンになっていたが、  
実は無安打。犠飛1本にとどまった。  
高瀬はバスターを決めるなど、こちらも投手としては十分な打撃成績。  
   
13安打と14安打ということで一見打撃戦の様相だが、それぞれ16三振、14三振と三振の山も築いている。  
#しかも、先発全員三振(両チーム)  
三振では基本的にランナーが進めないので、結局安打数が多くてもそれぞれ点は5点以内に収まった。  
際どいプレーは多かった(スコアの補足の通り)が、エラーは無かったと思う(多分)  
西浦の盗塁は、高瀬のフォームが盗まれた為。とはいえ、思ったよりも走られていない。  
試合序盤、桐青は三橋の球に苦しみ3回まで三振7つを含む無安打だった(14三振の内半数が3回までに喫した三振)が、
4回以降常にスコアリングポジションにランナーを進め、再三再四のチャンスを迎えていた。  
しかし、安打の多さに対して得点しても各回1点ずつに留まっており、三橋は打たれても粘り強く後続を断っていた  
事がよく分かる。  
西浦は序盤から高瀬の球を捕えていたが、要所要所で抑えられて大量得点には至らなかった。  
#特に、5回までに3-4番で3回切られている。  
4回には3者連続三振にも切られている。この辺りが高瀬が一番ノっていた頃。  
中盤以降も先頭打者、2番手打者が出塁していたが、殆ど後続を切られている。  
打線が綺麗に繋がったのは最終回、実は1つの回に3安打以上の固め打ちが出来たのはこの回だけ。  
   
西浦バッテリーは、中盤まで変化球を決め球にしていたが、終盤には癖球のストレートで桐青打線を抑えて  
いるように見えた・・・が、こうしてみると、8回9回でかなり打たれていることが分かる。  
ストレートはともかく、合間に投げる変化球が完全に捕えられていた。  
次戦以降、変化球の配球で何処まで引っ張れるか?