2017年11月19日

堕落装置が出来てしまった

足元が冷えるんだよね。

今永とかいうDeNAのエース

正直あまり興味のない大会ですが、とりあえず他に何もない時は見てる、という感じです。
#今日も今現在、観ています。
いずれの試合も、大体3~4回くらいからですかね。

さて今永が凄すぎた、という昨日の試合。
#尤も・・・メキシコで何故かオールスターに出ている(笑)乙坂と同じようなもんだが。
日本シリーズからこっち、確かに今永のストレートはキレッキレに見える。けれども、どちらかと言うと「慣れてない相手が初見でやられている」というのもあるかと。
#乙坂の場合は、ストレート勝負の多いリーグで結果出してる、という感じか。
まぁなんにせよ、うちの選手が結果出してるのは頼もしい限りですけど。どうも今回もパリーグの選手多いからね・・・セリーグ選手の意地を見せて欲しい。
#つかもー・・西武ばっかやん。
今日の試合も既に6-0。このまま勝って欲しいね。

維新・足立議員「朝日新聞、死ね」←twitterでその通りだと絶賛される

この騒動、面倒な展開になっていますが、、、
言うまでもないと思いますが、自分は割とこの足立議員の発言は否定的です。いや、言いたい事は分かるけど、同じ土俵に降りたらそりゃあ負けですよ、と。
#以前から言っているように、、、デモなんかと同じ。
そりゃまぁ「朝日タヒね」くらい誰だって思うだろうけど、それを言って「日本タヒね、アベタヒね言ってるじゃないか」と言っても、その正当化になってしまうとまではいかなくとも、"それを言う事が許される"と言う認識になってしまいます。
#そもそも、「~タヒね」なんて発言自体が公に許される事が間違ってるわけで。

だからダメなんだわ・・・。この人、まぁ維新に居てそれなりにまともな事を言っている、というのは知ってるんだけど、ちょっとこの言動は下手打ち過ぎというか。そういう目には目、歯には歯、を地でやったら殴り合いにしかならないんだよなぁ。

-------------------------------

独り暮らし歴20年ほどですが、初めて自室に炬燵と言うものを設置してしまいました。
#尤も、しばらくはまだ本格的に使うとは思いませんが。
まぁ出すのも面倒ですのでね。時間あるときに出しておこう、という話。
ちょっと使ってみたのですが・・・ダメですね。これはもう、もう少し寒くなってきたらPCデスクに戻ってこれなくなるかもしれません(--;
#ソファー+炬燵がここまで凶悪だとは、、、(ソファーは足を外した)

この休日のもう一つのトピック・・・実は人生初めて、「脳ドック」を受けてきました。
#いや、アタマおかしいからさ(言い方
というのはともかく、まぁ割と頭痛がし易いっていうのと、何と言ってもデブってる分の血管の怖さ(脳梗塞等)ですかね。いい歳にもなったし、一度調べておこう、ということで諭吉数人に去らばして受けてきました。
結果として・・・「全く問題なし」のお墨付きを貰えました。良かった、本当に良かった。
#いろいろガタの来てる体ですけどね・・・
でも、足やら内臓やらは不調が分かるし検査も毎年やるしで治療もし易い。それに対し、脳(及び首(頸動脈))は分からんし、治療も間に合わんしでどうしても怖かった、というのがあります。
#血管ちょっと詰まっただけでアウトだからなぁ。。。
とりあえず・・・5年おきくらいで受けてみようかな?という。人間ドックもガン検診もそろそろ受けておきたいが。
#一応、後者は横浜市から案内が来てるんだよなぁ。。。
まぁどっちも、脳ドックに比べれば格安で受けられるので、出来れば片方は年内にやっておきたい所。

ゲームの方は・・・一応『DQ11』進めているものの、また飽きてきたかもしれない。
#どうも集中力が欠ける。続かない。
#もう終盤だとは思うんだけどなぁ・・・ラスボス用武器とか作り始めてるからね。
なんかまた浮気してしまいそう(ぉ

 

今週の漫画。「K2」と「大上さん」。
先週発売の漫画は、今日になって漸く全部読み終えた。「金田一外伝」は面白かったけど、徐々にネタがイマイチになってきてるので、ちょっと心配か。
#トイレの中蓋とか塩とか偶然に近い上に本編でもわかってた個所だからなぁ。
とはいえ、「悲恋湖」はシリーズきっての動機が酷いというか巻き込みが酷い殺人なので、さてアレを主人公にしてどんな話にもっていくんだろうか?

2017年11月 5日

乗り越えるべき壁を明確化出来た

そういう日本シリーズだったと思うし、そうしなければ強くなれない。

ラミレス監督のコメント「素晴らしい1年だった。堂々とメインのドアから入ってメインのドアからでていけば良い」

連日(ツイッタ含め)書いてきたけど、現状のベイスターズにとっての日本シリーズ進出は望外の結果であって、さらに試合に勝つ、そして日本一ってのはもうほとんど夢の世界だ。
#そのくらい、かつての最弱時代の闇は深いと思っている。

しかし本当に強くなった。

2012年 :DeNA初年度。前年のクリーンナップが消えたり新体制での補強不備も有り、様々な試行錯誤はしたがTBS政権末期と同様ダントツの最下位に沈む。
2013年 :オフにライバル球団(中日)の助っ人総取りという荒業を使うも、投手陣の不安は相変わらず。しかし有り余る攻撃力でなんとか最下位脱出を果たす。
2014年 :今話題の(笑)グリエルを補強するなど基本路線は変わらなかったが、打線の力が落ちた事で投手陣のプラス要素を活かせず。結果、またも5位に終わる。
2015年 :投打が噛み合い、5月までにダントツの首位と言う快進撃も、育成方針や若手の疲労から一気にペースが落ち、前半を首位で折り返すも勢いは風前の灯。最下位に。
2016年 :ラミレス新体制。守備力、投手力の向上を第一に、更にドラフトで獲得した若手投手陣が芽を出し始める。借金は解消できなかったが球団史上初めてCSに進出する。

そして2017年・・・層の薄さこそ解消できなかったし、数名キャリアハイは居たがけっして全員揃って状態が良かったわけではないが、得失点でトータルマイナス(1)となった以外は、貯金、70勝という一つのラインをクリアしてCS進出を果たす。更に前年手痛く敗れたCSファイナルでも勝利し、球団19年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。
敗れはしたが、ペナント3位の戦力で6試合中4試合を接戦に持ち込むなど息詰まる熱戦を演じ、"セリーグの代表"に恥じない戦いっぷりを見せる事が出来た。

------------------------------

結局の所、細かいミスが連なっての競り負け、という結果だったのだろう、と思う。
#昨日の録画見れてないが(つーか、地上波、最後までやったのかもしれんが
#録画切れてたよ、、、)
ちらっとだけ見た限りだと、例えば併殺を取れなかったり、最後、嶺井の捕球位置はあれでよかったのか?とか、それ以外にも、一昨日の盗塁されまくりとかもっと前なら倉本のアレとか、柴田の守備とか。
勿論ホークス側にもミスが無かったわけではないけど、トータルで見るとやはりこちらの方がミスは多かったと思う。打つ方も投げる方も、、、特に投げる方、投手陣はあのホークス打線相手に十分以上に頑張ったと思うけど、そうしたミスが最終的に結果に響いたのだろうと思う。
#力ではけっして負けていなかった、というのが最大の収穫だが、、、
結局ラミレスの言う「凡事徹底」がまだ足りていなかった、という事か。
既に始まっている奄美秋季キャンプでもこのスローガンでやってるらしいし、やれるポイントが明確になった、というのもまた大きな収穫。

来年が楽しみになる・・・これを、過去十ン年くらいでこれほど大きく感じたことは無い。ハードルが上がり過ぎるのは怖いが、それを乗り越えられる可能性を示したクライマックスシリーズ、日本シリーズだった。

-------------------------------

個人的に最大の失敗は、この大事な時に最初の土日、そして昨夜と試合時間帯を完全に仕事に潰された、という点(苦笑
#まぁこればっかりはどうしようもない事ではあるけど、、、
無念だった。最初から最後までリアルタイムで観れたのは振休の木曜日だけだったよ、、、orz
来年はこういう所も改善したい・・・改善できるんだろうか?

DeNA万永コーチ、来季2軍監督就任へ
DeNA2軍コーチに新沼、つる岡、柳田、嶋村、川村、大家氏が就任する見通し
【DeNA】ウィーランド、パットン、エスコバーの3投手に契約延長オファー
DeNA、西武野上獲りへ 先発右腕は補強ポイント
DeNAが阪神大和獲得へ本格的に動く 3年契約を基本に好条件を準備

そして日本シリーズが終わってすぐにこうした情報が出始めるのも、なんだか新鮮に感じる。
#これも、シーズン最後まで試合をしたからこそか。

万永が監督へ・・・正直、「大丈夫か?」という印象だけど、この人はなんだかんだで生え抜きOBの中でもコーチ歴結構あるし、そう言うまとめ役としては適任なのかもしれない。
しっかし・・・徹底して大物首脳陣を外部から招へい、と言う事はしないよね。コーチも育成する、というのは分かるけど、既に一度結果が見えた人たちもまた出てくる、と言う辺り、やる気があるんだか無いんだか。。。
#難しいけどね。コーチ(まして2軍)の指導力が、どのくらいチーム(1軍)に影響するか?
まぁ大家がどういう指導をするか?は気になりますけどね。

そして助っ人陣の残留交渉。当然と言える3名の名が挙がっている。
#ただエスコバー、意外と高かったのね、、、
つり上げを狙ってきたら微妙だけど、ただ若いからなぁ・・・欲しい戦力ではある。ウィーランドは本人もやりたそうだしオファー出せば問題ないと思われ。問題はパットン。
#そもそもメジャー志向が強い。今年はたまたま空いたから来ただけ。
果たして残ってもらえるだろうか?

最後にFA。今年は大物が少ない上に動向がある程度読めていたというのもあるので期待は薄かったが、意外にもフロントはやる気らしい。
特に野上は欲しい。何時の間にか左腕王国になりつつあって逆に右腕が物足りない、と言う状態になってきているので、実績も十分にあるこの人ならば、というのはある。
ただ大和は・・・流石に来てくれないんじゃないか?と思うが。残留か檻だろうなぁ・・・・と言うのも見越して、二遊の補強は別の手も打って欲しいところ。

2017年11月 3日

まだまだ終わらない

一夜明けて・・・冷静に考えて、5試合中3試合で接戦、1試合でボロ負け、1試合で完勝、という流れはそんなに差が無い、と言う事を示していないか?と。

横浜DeNAがSBと互角に戦えてる件

地力や選手層は間違いなく負けている。これは確か。
#出てくる選手出てくる選手、そのシーズン成績や実績が凄い。
昨日なんかも、代走が揃って足のスペシャリストだったり、そもそもスタメンも走れるやつが複数人居たりで「なんつーメンドクサイ連中だ」と思ったほど。
#ベイがそれを出来ないから尚更そう感じる。
ただ先発は枚数的にも現状の能力的にもそう引けを取らないし、中継ぎもなんだかんだで打ち崩して勝っている、という事実もある。あとは打線か・・・柴田、倉本辺りが時折良い粘りを見せるけど、基本的にはやはりクリーンナップとそれ以外という感じで考えると前者はともかく後者は差が大きい。
#まぁ松田みたいのが6番に居る打線だからな。
ただそういう差も・・・長期的に見たら勝敗差に響くけど、短期的に見れば穴埋めできない差ではない、と。これが短期決戦の怖さ、ということだろう。
#で、今の所、CS、日シリ共にラミレスはじめ首脳陣が上手く対応している。

-------------------------

石田は残念だったが、
#思えば、CSからずっと良い所が無い。
とはいえ、5回途中で4失点はそんなに極端に悪い、というわけでもない。初戦の井納は論外とはいえ、CSファイナルのカープ戦でも4回までノーヒット、5回にコンディション悪化も含めて崩れた、というだけだし、少なくとも最低限ゲームは作れてるんだからそんなにしょげる必要はない。
#大体、ウィーランドにしても大差なく失点してたわけで。
井納だってその後、中継ぎとして結果を出して挽回もしているわけで、やはり先発5枚看板はしっかり機能している、と考えてよい。
加えて中継ぎ陣の踏ん張り・・・山﨑がCSからずっと無失点で来てる上に、昨夜はついに回跨ぎまでやって
#非常に危なかったが、、、
抑えてきたけど、個人的には先発が降りた後の「流れが変わる、流れを変える」という難しいタイミングで結果を出しているエスコバーを評価したい。今の所悪い病気が出ていないというのもあるけど、それ以上に左腕であのパワーピッチが出来る、というのは強力な武器になっている。
#重量打線相手でも力負けしない。対右でも通用している。
どっちかと言うとこのシリーズではパットンの方が制球定まらなくて危なげがある。ただ三上もなんだかんだでCSで失点して以降は結果出しているし、中継ぎ全体として残り2戦を耐えきれるだけの力はあるだろう。
#ついでに、井納や濱口がバックアップする可能性もある。
明日明後日、おそらく中5で今永、中4でウィーランドだろう。特に後者については総力戦、ウィーランドが3回くらいでも問題ないくらいの投入になるだろうし、三嶋や平田にも出番が回る可能性がある。

-------------------------

とはいえ・・・舞台がハマスタからヤフドに移るのは大きなマイナス要因。やはり後攻め、観客のアドバンテージは大きいだろうし、それを跳ね返すのは至難の業と言って良い。
#勢いだけじゃどうにもならない壁はあるだろうし。
あとDHがな・・・相手はともかく、うちでDH任せて結果出せそうな野手が居ないのが不味い。一か八かで細川を入れるか、シリーズでは凡退ばかりだが一応僅かに実績のある乙坂を入れるか、、、

2017年11月 1日

またしてもチームは濱口に救われた

思えば、CSファイナルステージ。いきなりカープに雨天コールド負けして勝ち数0-2とされてしまったあの2試合目。濱口のチームに勇気を与えるピッチングから4連勝を飾った。

そして日本シリーズ4戦目。3連敗して土俵際に追い詰められた4戦目。またしても濱口のピッチングでチームは価値ある1勝を得る。

DeNA、日本シリーズ初勝利!!

しかしこのホークスと言うチームはイメージよりもはるかに「投」「守」のチームだ。打線がカープ並に強力なのは分かっていたが、その力を感じたのは初戦のみ。2戦目、3戦目とむしろベイ投手陣の頑張りもあって接戦に持ち込めた。
#が、負けた。
僅差での惜敗は悔しくはあったが、そのイメージを改めるには十分。このチームはなかなか点を取らせてくれない。
#聞けば、大きく勝ち越したロッテやオリックス相手でもこういう展開が多かったらしい。
今日も8回までは8安打(HR2本を含む)しながらも取れた点は3点のみ。つまりこれは・・・バッテリーがどんだけロースコアに抑えられるか?という勝負になったわけだ。

濱口は元々交流戦でも3連勝したように、パリーグ、特に初見の相手に強いと言う傾向がある。それ故、慣れられたセリーグ相手には一時的に苦労することもあったけど、やはり伝家の宝刀チェンジアップは、配球さえ間違えなければそう簡単に打てるものではないらしい。
#今日も、ホークス打線がタイミングを崩されまくるシーン続出。
三振こそそこまで多くないのは流石のホークス打線だけど、凡退の山を築いてなんと8回1アウトまでノーヒットノーランという快投。最後は若干のミスもあってパットンにマウンドを譲ったが、結局無失点で投げ切ったことになる。
#恐るべきルーキー。
やっぱハートの強さというか・・・こういう大舞台でも物怖じしない。腕が良く振れているからチェンジアップもフォークもスライダーも武器になる。そしてそれを引っ張り続けた高城も見事だったと言う他ない。
#更になんと"プロ2号"となる本塁打まで出た。
打線も和田の前に4回までほぼ沈黙してたが、ついに目覚めた桑原を筆頭に、先制となるHRの宮崎が猛打賞(さらに8回にタイムリー)、打つ方に関しては調子のいい倉本も犠飛を打ち、少ないながらも「3点」を挙げた。やっと、やっと・・・"らしい"攻撃も出来たんじゃないかと思う。

=========================

と、実はここまでが8回表辺りで書いていた内容(苦笑
まさか8回裏に3点追加することになるとは思わなかった。
#あの摂津がなぁ・・・
確かに、かつてほどの力を感じなかったな。おかげでヤスのピッチングも楽になった。

#そう、漸くこの日本シリーズ"初"の出番となった>山﨑
三振こそ取れなかったが、中軸相手に3者凡退で締めてくれたので一安心。今後も出番があるようになって欲しい。
パットンもピンチを乗り切ってくれたし、投手陣はよく頑張っている。桑原は目覚めた、宮崎も打った・・・あとは、筒香だろうか。

------------------------------

この面子で、こんなに早く日本シリーズに出られた、というだけでも嬉しいのに、ついに王者ホークスに勝つことも出来た。
#そりゃあここから4連勝して日本一になるに越したことはないが。。。
流石にそれは難しい。それ故、それ故に4タテスイープだけは避けて欲しい、というのが1つの願いだった。それが達成できた、というのはこの若いチームにとってかけがえのない経験になるだろう。
#もう来年が楽しみでしょうがない(苦笑
とはいえ、、、明日、石田だろうか。まずはそこ。明日も勝てれば、また福岡に行って今週末決戦を続けられる。続けば続くほど、このチームの将来への財産になる。

2017年10月24日

19年ぶりの日本シリーズへ!!

そしてハマスタへも戻って来る。筒香が有言実行した!

※本日はただのポエムですw

正直、いろいろマズイとは思っている。多分、14.5ゲーム差をひっくり返しての日本一への権利、というのは、後々問題になるだろう。
#先日も書いたけど、そもそも自分はCS制のこうした点を問題視してたってのもあるが。
それに、やっぱりベイスターズにとっての一番は「リーグ優勝」しての日本シリーズへの出場だ。それを達成するのが目標だ。だから今年のこの展開はある種のボーナスゲームみたいなもんだと思っている。
#なので、個人的にはもうファーストステージを勝ち上がった時点で8割満足しているw
勝ったらラッキー、くらいでこのファイナルステージを見てるのが正直な所だ。

だが、これが今のルール。今のCSの仕組み。

この下剋上という経験は選手たちにとってもかけがえのない経験になるだろうし、仮に日本シリーズで普通に負けても、「ここまでやれた」というのは万年Bクラスに沈んでいたチームにとっても大きな財産になる。

おめでとう、本当におめでとう。
#そしてキヨシもおめでとうw
キヨシが居たから、キヨシが育てながら苦労しながら戦ってくれたから、そして高田GMと二人三脚で鍛えてくれたから今がある。
そういう土台を以て、ラミちゃんが引っ張ってくれた。指揮してくれたからここまでこれたんだ。

-----------------------------

しかしこれ、完全にカープは334の年の阪神状態だよね・・・試合勘がイマイチ戻らないまんま、勢いに乗ったベイスターズにしてやられた、という。
#尤も、初戦は一応とってるんだよなぁ・・・
シーズン中、あんなに強かったのになぁ。。。いくら誠也とか居ないっつっても、9月も強かったやん。選手層の厚さには感服したというのに。

怖いわ~・・・短期決戦、本当に怖い。短期決戦だと選手層はそこまで影響しない、ってのもわかったし、ラミレスの采配が当たりまくったのも選手がそれに応えられたからこそ。ホント、チームスポーツって流れ、メンタル面が結果に出るよね。
ラミレスと言えば、先日の今永の起用や今日の濱口の起用など、ホントやるよね。。。こういう采配させたら上手いってのが分かるわ。

-----------------------------

寿司で祝杯をあげようと思ったけど、セブンには無かったわ。いけずやわぁ(苦笑
さて、明日から3日の休みを挟んで、土曜日には日本シリーズ。まずはヤフドなので、ハマスタに戻って来るのは週明け、ちょうど一週間後か。
仮にそこで2連敗してても、出来ればハマスタで2勝くらいして意地を見せて欲しいし、まかり間違って4つ勝ってしまおうものなら・・・いや、止めておこう。うちはセリーグ3位、謙虚に謙虚に「良い経験積んでるわ」といろいろ喜ぼう。
それが来年のシーズンに生きてくる。そういう意味での戦いの価値、というのもあるだろうから。

かつて・・・98年と言えば、自分は大学4年生。何回か書いたかもしれませんが、あの時のベイスターズは38年ぶりのリーグ制覇ということで日本中を味方に付けたかのような盛り上がり方をして日本一になりました。
#遠い沖縄の地で、研究室で見てたなぁ・・・(研究しろよ
親会社も変わって、面子も変わって、番長も引退して・・・ついにここまで来た、と噛締めることとしましょうか。。。

2017年10月15日

泥仕合(文字通り

まぁCSじゃなければ絶対にコールドか中止かしてる試合ですよね。

DeNA 泥だらけの逆転勝利 7回一挙6得点でシーソーゲームに決着で1勝1敗に

正直言うと・・・実はこのクライマックスシリーズ、今年のケースはそこまで期待していません。。。というと語弊あるな。
#いや、楽しんでますけどね。勿論勝って欲しい。
でも、なんかこう・・・コレは多分自分がCS制にどこかまだ疑問を持ってるからでしょうが、例えば1勝1敗となったこのファーストステージですが、このまま雨天の為に勝ち抜け出来なくても「仕方ないか」で諦められる感じです。
#正直、今日の試合も5回時点で引き分けでそのまま終わってしまっても同じだった。
やっぱりこう、3位のチームが普通に試合やって勝って上がるんならともかく、こう言う特殊な状況込みで、となると、どうにもいろいろ納得し難い所があるんですよね。

まぁそれはそうとして・・・結果、勝ったのだからそれはそれで良し、ですが。
#にしても酷い"泥"試合だった。
冒頭にも書いたけど、ペナントだったら絶対試合やってないだろ、という天候、コンディション。結局阪神園芸の努力の甲斐なく、グランドは至る所に水溜りが出来るような状態に。
#よく頑張ったよ・・・両チームの選手、特に投手は。
クワケンは不運だったとしか言いようがないもんなぁ。。。

まぁそんなわけで、この試合で選手の状態がどうこうは言い難いです。藤川なんかはとにかく高低だけでストレートを投げ込んでたのは流石に分かってるな、と言う感じでしたが、やっぱりこう、ストレートの力と言うよりは制球や変化球メインの投手に厳しいコンディションだったかな?という印象です。
#踏ん張り効かないもんな。
んで、特に内野に転がると悪夢としか言いようのない安打になる。もう投手の顔アップ画面になる度に背後の水溜りやそこに落ちる雨の波紋が見えまくってるのが何とも言えませんでした。
#ライト反射し過ぎて、ファーストベースの位置まで分からんかったし。
よって・・・明日以降、試合がちゃんとあるのであれば、ですが、選手の状態を今日の試合から見るのはあまり妥当ではないかと。
特に投手については全く当てにならない・・・まぁ強いて挙げれば、コンディションが、また同じだった場合、エスコバー、パットン辺りは良い感じで力で押せてたかな、というところか。
打線も、、、中軸が安打出たと言っても、内野手が横に動き難い状態でショボイゴロが抜けてった、ってのが何本かありましたしね。
#そういう意味では、特に筒香の打球が上がってないのが気になる所。
#まぁ打球良いのが多いのでそう問題ないとは思いますが。
ロペスはそこそこ・・・でも本人納得しない感じはありましたが。ただ、梶谷を除き他の野手は結構良い当たりもしてるので、次の試合、初戦よりは期待できるかもしれません。でも梶谷は、あのボテボテゴロを全力疾走して安打にした、あそこで流れ持ってきたからなぁ。次の試合も2番に置いて欲しい。

-------------------------

いやぁ・・・しかし、これで明日明後日雨で駄目だったら、結局敗退なんですよね。
#個人的には「しょーがない」ですけど、しかし選手はなぁ。
やはり初戦、あの貧打が一番マズかった、となりますかねぇ。打線が良いチーム、とイメージされてますが、まぁクリーンナップが優秀なのはともかくとして、基本的に良い投手が出てくると無策で崩せず終る、と言うケースが相変わらずありますよね。
#クリーンナップも同じ。
その辺どうにかしたい所。

-------------------------

さて来週末から仕事仕事仕事なので・・・う~んorz

ただ先週末からゲームは『DQ11』が大分進みました。
#「あ~、、、このパターンかぁ・・・」という感じではありますが。
プレイ時間も40時間を越えましたが、レベルは38。ま、ドラクエにしては速いペースでしょうか。

 

 

今週は漫画いっぱい。
#「かぐや様」は新キャラ?
そういや漫画の整理をするつもりだったのですが、結局やれなかったなぁ・・・まぁこんな試合やってたらね(苦笑
春先くらいから大分いろいろ手を出して、結果半分くらいはイマイチ面白くないと言うか、もう集めなくていいかってのがあるので、まとめて段ボール行きかなぁ・・ってのが。まぁ反面、良い拾いモノも結構あったので、こう言う方法をしばらく続けてみようかとは思ってますが。

ゲームの方は、まだ『GTS』迷っちゃいますがね、、、
#ただ、ちょっと積み過ぎてるんだよなぁ。今年は特に。
ただ来月微妙なラインナップっぽいので、先に手を出しておいても悪くは無いと思いますが、、、

2017年10月 9日

明日の株価

炬燵を買おうかどうか迷っています。

神戸製鋼、国内全ての工場で10年前からデータ改ざんしていたと判明

これ、マズイですよね・・・特に自動車産業に大きな影響があるらしく、既に一部ではリコールの噂も流れています。

スバルも神戸製鋼製の改ざんアルミ部品を使用 大規模リコールの可能性も

直接的に影響無くても・・・例えば、日経平均。神戸製鋼だけでなく、こうした自動車メーカーなど鋼材を使っているメーカーの株価に影響する事になるので、明日・・・は実際に落ちるとして、明後日の中央線が(ry

DeNA大家氏2軍コーチ就任へ 豊富な経験、若手育成に

大家がコーチ就任。メジャー行きの前は芽が出ず、メジャーから戻ってきた後は先発で期待も結果が出なかった。そういう投手ですが、何と言ってもメジャーではそれなりの成功を収めている投手でもありますし、その後、一応指導者としても経験を積んでいる。ポジション次第だけど、十分に期待してもいいのではないでしょうか。
そういや、先週少し話題になった石井琢朗のカープコーチ離任&スワローズのコーチ就任の話ですが、結局後者についてはまだ正式に決定の話は出ていないのだろうか。

--------------------

まぁコーチ人事含め、フロントのテコ入れがし易いのはある意味、下位に沈んだチームの特権でもありますからね。それをやらないと強くもなれないわけで。そういう意味では、まだこれからCSというベイスターズで人事にメスが入っているのは良い傾向、と見ても良いのでは。そういや、その前に辞める人たちもおられましたしね。二宮二軍監督や山下コーチ等々・・・お疲れ様でした。

当たり前ですが、これで買うのもやめました。いや、そりゃそうでしょ・・・その唯一の売りを確かめるために買おうと思ってたんだもの。。。バカだねぇ。。。

前言撤回を当たり前にやれてしまう所だから信用できない。

希望の党、終了 お膝元の東京で比例投票首位を自民に奪われる 小池都知事の支持率も36%に

そりゃ支持も落ちますよね、という話。
いやしかし・・・小池にとっては踏んだり蹴ったりでしょうねぇ。都議選の時と違ってマスコミもまともに味方してくれないし、そもそも都知事の立場があるから自らの動きが制限される。ついでに小池以外のメンツはまるで役に立たない、と来ている。
#なんで焦って挙党してしまったのか、、、
しかもそれなりに議席獲れたとしても、さて、どのくらい離脱者が出ることになるか?もうそれが秒読みできてしまっている時点で国民の方なんて向いてない、自分ファースト政党ですわな。

--------------------------

いろいろこう・・・欲しくなってまして。例えば洗濯機。そろそろ買い替えようかなぁ・・・もう少し大きいのが良いかなぁ、とか。もう16~17年くらい使ってますからねぇ。延岡時代か。
#冒頭に書いた炬燵なんかもその一つ。
元々持っていないのですが、そもそも冬場に暖房を入れる事があんまり無いので、足元が冷えるのを避けたいってのがあります。電気毛布とかもあるけど、いっそライフスタイル的に、冬場はソファーで過ごしてみるか、とか(普段はPCデスクなわけで)

以下、続きを読むで先週クリアした『アンチャ』と、この連休で復帰した『DQ11』について。まぁ内容はあんまりありません。スクショ貼ってるだけ。

続きを読む "明日の株価"

2017年10月 8日

今シーズンも別れの季節

さて、チームを離れる面々へ。。。

DeNA高崎と大原、チームに迷惑をかけられないと1軍引退試合を辞退していた

高崎には期待してたなぁ・・・10年だっけ?11年だっけ?シーズン終盤に出てきて、先発で結果残して。
#九州のドクターKだったっけか。
タイミングが合わなかったな。上昇していくチームとほんの数年、"伸びるタイミング"が合わなかった。そのせいで、一番苦しい時に引っ張らざるを得なくなり、そのままチームの上昇に合せることができなかった、という感じだ。
大原は・・・正直、何が良くてあんなに抑えられているのか?イマイチはっきりしない投手だったけど、やはりそこは左腕でスリークォーターで武器がスライダー、というのが左殺しとして役立った、ということだろう。
#勿論、制球が出来るから武器になるわけで。
若いとはいえ、やはり中継ぎは酷使される宿命にあるのか・・・一昨年くらいまでが限界だったように思える。
林は・・・FA宣言せず複数年で残ってくれたのは嬉しかったが、如何せん怪我がね。
#背中だったっけ?
移籍1年目、2年目くらいまでは良かったんだけどなぁ。元々そんなにストレートも早くないし、落ちる球が制球できないと滅多打ちにされる投手だった。
山崎ノリハルは、正直早過ぎると思った。昨年、肉離れを負い、一年かけて治して迎えた今シーズン、たったの1年での見切りはどうなんだろうなぁ?という。
#厳しい見方をすれば、結局肉体改造に失敗した、となるが。
しかし十分にチャンスを与えられたのだろうか?と疑問も残る。
同じく、下園も果たして今回の契約解除は速いのではないだろうか?と。こちらに至っては昨年あんだけ代打で結果をだしていて、かつ今シーズン、代打陣が悉く不振に終わったという状況も踏まえて、果たして来季、まともな代打陣を組めるのだろうか?という意味でも、生え抜きのベテランとしてこんなに早くクビきりするというのは惜しい気がする。
続いて小杉。00年代後半、所謂TBS政権後半の時代に入団した、特に投手については・・・本当に残念というか、そもそもチャンスの多いチームだったハズ(散々投手力が弱いと言われ続けてきた)なのに、まともな起用、運用法をされず、育成も正しかったのか?と疑問を持たれる世代だ。
#勿論、最終的には本人たちの責任だと思うけど、、、
コバフト、ショーマ・クワケン(この2人は他チームでまだ現役だが)、マッカ、アトリ・・・そしてついに、この小杉も引退、次に紹介する小林もリタイヤすることになった。
小杉はDeNA政権2年目、13年の序盤に一瞬だけローテーションを掴んだ瞬間があった。元々そんなに球が速いわけでもなく変化球も特別良いわけではないけど、当時コーチだったデニーと一緒に球の出所が分かり難くなるように工夫したフォームで先発の座を掴んだ瞬間があった。
#が、怪我を負う。
其処からはもう、中継ぎとして足掻くのが精一杯だったか。。。
同じく、コバカン(小林)も・・・だ。こっちはもうちょっと見所に乏しいというか、かつて居た三橋なんかと似たタイプだったが、なかなか芽が出ず、今シーズン、一応中継ぎで出番はあったけど、すぐに落とされたよな。どうしても一皮むけないというか・・・そんな印象だった。

そして何と言っても久保。5年連続最下位(しかもダントツ)で、おそらく球史に残るくらいの立て直しの段階にあるチームにとって、経験十分でチーム初の二桁勝利をもたらしてくれた"エース"が、わざわざFAで来てくれたのはとてもありがたい事だった。
是非ベイスターズで100勝を迎えて欲しかったが・・・如何せん、今年の成績とチームの起用方針を考えると、来季、巻き返しが出来るか?と言うとかなり厳しい。勿論、大幅減俸もあっただろうけど、おそらく本人の為を考えれば今年の様な起用だけじゃモチベーションも上がらないだろうと言う意味でも放出は致し方ないのではないだろうか。

-----------------------------

大分思い切ったな、と。
#スマンが、柿田については本当に書くことが無いので割愛。
このほか、おそらくエリアン、シリアコも切るだろうし、勿論クラインも切るだろう。既に10名以上削減しているということで、おそらくこれ以上は今オフ、切らないんじゃないだろうか?と思うが。
#まぁ、ドラフトで5~6人、助っ人で2~3人、他チームから、、、と考えると、もう1,2名怪しいかもしれないが。

しかし最初の発表(高崎、大原、林、山崎、下園)が数年前まで主力として働いていた選手だった事もあって、今オフの戦力外通告は大分大胆だなぁという印象だった。
#もうちょっと頑張れるんじゃないか?と思われる選手も多いだけに。
それだけ補強の目途があるのか?特に代打陣に明確に表れたけど、今シーズンのベイスターズで明らかに弱点だったのは「層の薄さ」だ。ここにメスを入れる為の大胆さ・・・であるのなら、多少は納得も出来るかもしれないが。フロント陣のウデの見せ所が始まる。

-----------------------------

元々この土日(月)は、少なくとも土日出社、と言う予定でいたのですが、思いがけず3連休となってしまいました。
#正直、どう過ごすか困ってしまってたりも。
結局、一ヶ月は止まっていた『DQ11』に復帰する、という点で一応有意義に過ごせてはいますが。

今週のゲーム、『V!勇者のくせになまいきだR』。
VR向けタイトルとしては、大分挑戦的なモノになる。一見、「VRにする意味はあるの?」と思われかねないタイトルだけど、こういう試みを一つ一つ確認していく、、、それもまた、黎明期にあるVRプレイヤーの務め(笑
#というか、前から言っているけど案外こういうタイプの方が、、、という可能性は高い。
下手に3D空間だとかアクション性が高いとかの方が、現状案外VRに合わない可能性があったりするので。

2017年10月 1日

いろいろな成長が見えた2年連続Aクラス

まぁ普通に考えたら、13-7・・・バカ試合だなぁ、なんだけどね。

ベイスターズ13-7広島カープ 激しい打撃戦の末にベイスターズが勝利を収める!そして3位CS進出が決定!

実際、今日のウィーランドはおかしかった。前回、来日初完封を決めたわけだけど、中5日とはいえ、制球が安定しない。特に、追い込んでからの最後の一球、と言う所で悉く戸柱の構えている場所からボール2~3個分真ん中に入ってしまう。
#それを延々痛打される。流石に主力温存とはいえカープ打線は怖い。
おかげでここ数戦の登板では見られなかったヘロヘロ状態のウィーランドだったが、逆に打撃面では望外の結果を出す。
#と言うか、普通はそこに期待されない(苦笑
過去2本塁打のカープ戦だから、というのもあるが、もう最初の打席でタイムリーが出た時点でちょっとフフッと笑ってしまった。「やっぱりなー」と。
#加えて、3ラン&猛打賞である。
結果的にちゃんと仕事したのでとりあえず許すけど、そのウィーランドの後ろで連続凡退してた倉本のダメっぷり(しかもエラーあり)との落差が本当に「どっちが野手なんだよ」とばかりのウィー様の活躍だった。
これで、大洋時代から含めての「助っ人外国人投手 初の二桁勝利」。しかも、この人負けが少ない。10勝2敗で貯金を8つも作ってしまう。球団は早く来季以降の契約決めてくれ。
投げる方はアレだったウィーランドだけど、その後、砂田、(まさかの)井納、そしてパットン、山﨑とつないでの無失点リレー。井納の起用には驚いたが、三日前の球数の少なさと、今シーズンの最終登板で良いイメージを掴ませたかったか。

さて打つ方。ウィーランドの3打数3安打4打点はともかくとして、15安打13打点、5本塁打とこちらもカープに"打ち勝った"と言える内容だ。
#特に、ここ数戦元気のなかった筒香に2本塁打でたのは大きい。
前述の倉本や猛打賞で打率を挙げた宮崎、更に打点だけでなく最多安打争いでもライバルの丸と同数で今日の試合を終えたロペスは残り2試合、1本でも出れば単独1位もほぼ確定。
ただ不安材料は・・・何と言ってもリードオフマン・桑原に今日も含め4試合無安打となってしまっている、ということだ。あと2試合、おそらく個人記録のかかった選手以外は出番が減るかもしれないが、桑原は2試合ともフルイニング出して状態を戻すようにしていかないと、CS戦えないだろう。

---------------------

個人記録もそうだが、チームとしても先日16年ぶりに5割を確定して、更に70勝にも到達(現状、貯金6)。昨年よりもCS決定自体は苦しんだが、借金状態でCSに出るよりも今年の方が遥かに価値が大きい。チームとしての成長の証。
ただマイナス面も・・・特に、須田をはじめ結果の出なかった中継ぎの立て直しが難しく、三上、田中、砂田と言った面々にも安定感がない。特に短期決戦となるCSは投手の投入機会は増えると予想されるので、残り2試合、その辺の見極めも重要か。

CSは10/14(土)から甲子園で。ハマスタじゃないのは残念だけど、勝率で言うと甲子園の方が良いので相性的には悪くない。ウィーランドと石田がカープに強い事を考えると温存したいが、この2人無しに阪神に勝つのも厳しい。さて、どういう構成で挑むかね?
打つ方は前述のように桑原の復活が最低条件。主軸に不安は無いし、倉本、戸柱(嶺井)、梶谷もまずまず。となるとセンターライン・・・桑原と柴田が果たしてどうなるか?

---------------------

久々の「普通の土日」でした。
#もう10月になったんだなぁ、、、
『アンチャーテッド』クリアしましたが、感想はまた今度(あるのかね?)


 

今週の漫画。「センゴク」と「ぐらんぶる」。センゴクの方は、戸次川の戦いが始まるかね。

2017年9月25日

相手は関係ない

こっちも勝てばいいだけだ。

ベイスターズ7-0阪神タイガース 7点の援護を貰ったウィーランドが完封勝利で9勝目を挙げる!

いやしかし・・・・ホント、休みって大事(笑
#ツイッタでも散々書いたが、、
この時期に、雨天順延のしわ寄せが来やすいベイスターズにとってまさかの4連休だったからなぁ。しかも、だからと言って日程的に厳しくなるわけでもない。
#明後日から5連戦にはなるけど、通常は6連戦なんだから別に厳しくはないわな。
その連休で打線が復活した。特に、宮崎と倉本に当たりが戻ってきているのが大きいか。筒香がちょっと落とし始めているけど、全体的には攻撃力が上がっている印象がある。
ただ油断は勿論できない。ハマスタのタイガース戦、となるとほぼ敵地みたいなものだ。むしろ甲子園でやるより慎重に戦わないといけないだろう。

さて先発はウィーランド。ウィーランドは対虎、防御率は4点台であまり得意な相手ではない、という印象だったが、
#とはいえ、たったの1試合だけだし、その1試合も一応勝ちが付いている。
今日の投球内容を見る限り、さほど相性的な問題は無さそうだ。
特にナックルカーブを織り交ぜた配球で相手打線を翻弄し、8回終えた時点で94球。これなら先日の石田と違って最後まで投げさせるのは問題ない。
特に良かったのが6回、ランナーを2人置いてピンチの場面でロジャース相手にストレート4球で打ち取ったシーン。嶺井の配球もあるが、インコースに2球連続でストレートを投げ切った所に力を感じた。
結局9回102球完封。来日初完投でもあり、こんな力強い投手が「来年もベイスターズでやりたい」と言ってくれたのは僥倖と言う他ない。これで9勝目、チーム歴代外国人投手の勝ち星トップに並んだ。

打線も苦手の岩田相手に苦戦を予想していたが、3回、ウィーランド自身がチーム初安打を放って、そこから連打でまず先制。追加点がなかなか取れなかったが6回、ロペスと宮崎で作った好機に嶺井がフェン直のタイムリーツーベース、更に最後は宮崎、筒香のHRで一気に突き放した。
#気になる個人成績は・・・
ロペスは残念ながら打点無し(但し、打率は.305まで上がる)、宮崎は.317まで上げている。

-----------------------------

と言う事で、ラミレスの言う「正念場、大事な10戦」を、いきなり3連勝でスタートする事が出来た。
#明日は移動日。
続いてハマスタでタイガースと最後の3連戦。日程的には井納、濱口、石田だろうか。井納は最近良いのであまり心配していないが、濱口は逆に最近よろしくない。10勝手前で連敗してしまっているので、ここで相性のいいタイガース相手に結果が欲しい所。

あとツイッタでも書いてるが、実はこのチームにとってはもう一つ重要な数字がある。

シーズン勝ち越しと70勝到達。この2つに対してこれでマジック1。あと1つ勝てば、いよいよ「Aクラスに相応しい」数字にもなる。

巨人がどうやら勝ちそうで、結局ゲーム差は変わらず1.5だが、こっちが勝ちつづければ自ずとケツに火が付くのはあちらが先。気にすることは無い、もう直接対決もないし、阪神との残り試合を最低1勝、出来れば2勝するのが重要だ。
#あとは対戦成績が悪くない相手が続く。

-----------------------------

今日は振休で休み。なんかこう、、、久々にいろいろ自分の事をやれたなぁ、という感じがする。
#主にネット関係だが。購入予定とか諸々いろんなのを更新できた。
#TGSレポートなんかも含め、ね。
その代わり、ゲームは全然やれてませんがね・・・まぁこの後寝るまでの間にやるか。

今週の漫画「天竺熱風録」。
ちなみに自分は田中芳樹作品を読んだことないです(ぉ

今週のゲーム。いよいよ『閃の軌跡』シリーズ3作目。
#いい加減、帝国編終わるんだろうか?
前から書いてるように、あんまり帝国メンバーに愛着無いからクロスベルの行方と話がちゃんと畳めるのか?しか興味は無い(ぉ
ただ、、、例によって始められる気配が無いのが・・・まずは『アンチャ』終わらせないとなぁ・・・